Swish Report

#スウィッシュレポート #NBAをつまみぐい

ケビン・ガーネットついに引退宣言!! ビッグ・チケットさらば!!

ケビン・ガーネットミネソタ・ティンバーウルブズ兼ねてNBAのリーグから我々が予想していたより比較的はやく、引き去るようだ。暴君または暴れん坊として知られていた彼のキャリアかすれば不思議な感じがしなくてならない。

正真正銘のゲームチェンジャーであり、リーグの中でも最も優れたフォワードのひとりでもあり、彼のレガシーは全NBAファンの心にとどめられることであろう。

しかし彼ほどコート上でいじめっ子ぶりを発揮する選手はあまりみない。素晴らしいプレイヤーであることは否めないが、実は選手間のケビンの評価は決して良いものではない。NBAの選手の中で誰が一番ダーティプレイ(陰湿なプレイ)を多用するかというアンケートではケビン・ガーネットが一位に上がった。その理由としてはイリーガル・スクリーンを多用する、審判のばれないところでファールをするなどといったことがあげられる。また、自分より明らかに弱いと分かっている選手に対してはよくケンカを売るものの、カーメロ・アンソニーやメッタ・ワールド・ピース等コート上でのケンカ歴のある選手に対しては滅多に手を出すことはなかった。

相手に向けて浴びせるケビンの罵声はケビンのシグネチャー・プレイの一つになった。ケンカの際にはその巨体から轟く叫び声がいつも大きな話題を呼んだ。2008年のレイカーズセルティックス戦でセルティックスがチャンピオンを決めた瞬間ケビンがマイクを通して「Anything Is Possible !!」(何事も可能である)と叫んだことを忘れた、もしくは知らないファンはおそらくNBAファンとは呼べないだろう。

彼がリーグを去ることによるリーグの損失はとても大きなものになるだろう。彼ほどの身長であれほどのスキルセット、身体能力を持ち合わせたプレイヤーはそういない。クリス・ボッシュはそのビッグマンにとって新しい道をきりひらいたケビンを最も尊敬していたし、ミネソタの新人カール・アンソニー・タウンズもケビンから多くの事を教わっただろう。

コービー・ブライアントに続き、ティム・ダンカン、そしてケビン・ガーネットが引退を宣言した。マイケル・ジョーダンとともにプレイした世代がどんどん引退していくなかでNBA選手の世代交代が進み完全にポスト・マイケル、ポスト・ジョーダンになりそうだ。ダーク・ノビツキービンス・カーター等の選手はまだまだやる気をみせているので、完全なる世代交代はまだ少し先になるかもしれない。

ケビン・ラブがUCLA時代のウェストブルックを振り返る!!

大学時代クリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブとオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックがチームメイトであったことは有名な話だろう。2007-2008年のシーズンにかけて彼らはUCLAのブリューインズでPac - 10を支配していた。

 

ケビン・ラブは最近、プレイヤーズ・トリビューンでウェストブルックとの思いをつづった。

「ラスと俺は遠征でルームメイトになったんだよ。俺らは瞬間的につながりを感じたよ、共に高校を出て同じ夢を追いかけていたからね。ホテルのベッドで横たわれば、いつかはNBAにたどりつくぞという話をよくしていたな。

時々ラスはちょっとうざいチームメイトだったよ。俺たちはとても競争心が強いことから、よくぶつかり合っていた。ビデオゲームはもちろん。13というトランプのカードゲームも一生していた。(いまでもまだおれが1点リードしていることを記憶している)ジムへもお互い定刻より早くトレーニングを始めていた。(ラスは不思議にもいつも俺より早くジムについていた。

部屋の温度にまでもお互い譲らなかった。ラスはいつも74度(華氏)にしていた一方、俺は68度が最適だと感じていた。だからラスが寝たら俺はこっそりベッドから起き上がって、部屋の温度を調整したんだよ。そしたら、そのちょっと後には不思議と買えたはずの温度が74度に戻っていたんだ。これではらちが明かないと俺はある日ラスに提案をしたんだ。あいだをとって71度はどうだい?って。そしたらラスは73度で決まりだ!とまあ、引き下がらなかったよね。」

彼らはお互い2012年のロンドンオリンピックで金メダルを獲得している。ラブは念願のチャンピオンリングを手に入れたが、ラスはまだだ。いまのところ、ふたりの競争はラブが一歩手前というところではないだろうか。

NBA全体がドレイモンド・グリーン対策に乗り出す!!

NBAの新シーズン開始まで一か月にせまった今、リーグは男性の股に対するプレイにより一層注意を向けているようだ。昨シーズンのNBAファイナルとセミファイナルではドレイモンド・グリーンによる度重なる相手プレーヤーへの股へのプレイが問題視されていた。オクラホマシティ・サンダーのアダム・スミスクリーブランド・キャバリアーズレブロン・ジェームズがこのプレイの犠牲となった。この件により、NBAの審判はプレシーズン会議にて、このようなプレイに対してどのようなルールを設けるべきかを審議した。

 

NBAファイナルの第4戦目でのレブロン・ジェームズに対するこのプレーにより、ドレイモンド・グリーンはフレグラント・ファールを受けた。ポストシーズンだけでフレグラント・ファールが4つに累計したため第五戦目は欠場処分を下された。

 

NBAのリプレイ・レファリー・オペレーションの副会長は、「ここ最近、選手たちの脚が違った方向、そして奇妙なタイミングで飛び出てくるようになった。」「選手たちを守るためにも、この動きは阻止せねばならない。」と伝えた。

 

またプレシーズン会議では、NBAでは滅多に呼ばれることのない、トラベリングに対しても、笛を鳴らす頻度を上げるようにすると話したそうだ。

ミルウォーキー・バックス クリス・ミドルトンが全治6ヶ月の怪我!!

ミルウォーキー・バックスのシューティング・ガード/スモール・フォワードであるクリス・ミドルトンは下肢後面の筋肉を損傷し、約6ヶ月の期間を手術に費やすこととなった。クリスにとって今シーズンで5つ目のシーズンになり、昨シーズンは一試合当たり平均18.2得点をあげており、大活躍が期待されていたのでバックスにとっては非常に大きなロスとなる。一昨シーズンまでは一試合当たり平均13.4得点であり、昨シーズンで大きく成長したことがわかる。おそらくこれは、ブランドン・ナイトのスペースが空いたこと、ジャバリ・パーカーやヤニス・アンテトクンポ等のプレイヤーとケミストリーがあっていたことによるだろう。クリスには少しでも早く元気になって、ミルウォーキー・バックスをプレイオフへと牽引してほしい。

ケビン・ガーネット バイアウト間近!? ミネソタの大スターの行方

ミネソタ・ティンバーウルブズは2015年7月に2年間の契約をケビン・ガーネットと結んだ。がしかし、1995にケビンをドラフトしたミネソタ・ティンバーウルブズと共にする時間もそろそろ終わりそうだ。というのも契約満了前にケビンをバイアウトする動きがあるからだ。もしも、バイアウトが成立すればガーネットはほぼ確実に引退をするであろう。

 

ケビンはミネソタ・ティンバーウルブズの一球団のみならず、リーグ全体にも影響を与えたスーパースターであり、将来のHOF(殿堂入り)も確実視されている。本来ならば球団とは良い関係でキャリアを終了させたいのが本望だろうが、バイアウトの意向があるということはそうはいかなくなる可能性がある。

 

2014-2015年のシーズンはたったの5ゲームの出場で留まっており、昨シーズンは膝の怪我により全体で38ゲームのみの出場となっている。経験豊富なベテランであるケビンのコーチングはチームにとってもメリットであるはずだが、おそらくチームはもう少しコート上での活躍を期待していたのではないだろうか。

クリス・ボッシュ引退!? NBAキャリア終了!?

ボッシュの脚に二度目の血栓が見つかり、マイアミ・ヒートはこれでおそらくボッシュのキャリアは終了するだろうと伝えた。が、これはあくまで終了する可能性があるということを示唆しているに過ぎないと捉えてよいだろう。

 

今シーズンボッシュは、「オールスターウィークの直前、現地に飛び立つ木曜日になにかがおかしいと感じたんだ。ひどく痛んだふくらはぎで目を覚ましたんだよ。」と伝えており、今尚体調はすぐれない模様。

 

今後マイアミヒートが目先のトレーニングキャンプだけでなく、レギュラーシーズンでもボッシュを使う可能性を考えているのかは分からない。しかし、ボッシュには3年と7500万円のサラリーが残っている。キャップからボッシュのサラリーを差し引くことはできるかもしれないが、いずれにせよボッシュが医師によりプレイ不能と判断されればサラリーは支払われる。

ゲームをしながらスポーツ上達!? 中高生に朗報!!

どうやらめんどくささを追求しつつも、実際に人を動かせる方法がひとつあるようだ。カナダのBrock Universityの思春期と青年を対象とした最近の研究によるところ、スポーツビデオゲームとリアルライフスポーツとの間にポジティブな関係性が発見された。三年間の調査の末にでた結果は、スポーツビデオゲームでよく遊んでいる人ほど、リアルライフスポーツに関わる可能性が高かったということだ。

これはあくまでもビデオゲーム全般に向けていえることではなく、スポーツゲームのみに言えるということに注意してほしい。逆に、他のジャンルのビデオゲームの場合、リアルライフスポーツとの間にネガティブな関係性が出されというから驚きだ。なぜスポーツビデオゲームプレーヤーがリアルライフスポーツに関わる率が上がるのかというと、それはただ単にスポーツそのものに興味が持てるようになるからだけではなさそうだ。より深い理由があるのだ。彼らは実際のフィジカルスポーツや競争をする時に、自分に自信を持ってプレイできるみたいなのである。

スポーツビデオゲームは幼少期にあまりスポーツ自体に興味が持てなかった思春期、青年期の人達にとって、最適なスポーツ教育ツールとしての役目を果たす。例えば、バスケのビデオゲームの試合で勝利を積み重ねていくと、実際のリアルライフでのバスケの試合に自信が持てるようになるのだ。また、ゲームの中で失敗を繰り返し、上達をすることで、公園や体育館で経験するような人目やはずかしめを受けなくてすむのだ。このような心理学要素をスポーツビデオゲームは持ち合わせているのだ。