Swish Report

#スウィッシュレポート #NBAをつまみぐい

ケビン・ガーネット バイアウト間近!? ミネソタの大スターの行方

ミネソタ・ティンバーウルブズは2015年7月に2年間の契約をケビン・ガーネットと結んだ。がしかし、1995にケビンをドラフトしたミネソタ・ティンバーウルブズと共にする時間もそろそろ終わりそうだ。というのも契約満了前にケビンをバイアウトする動きがあるからだ。もしも、バイアウトが成立すればガーネットはほぼ確実に引退をするであろう。

 

ケビンはミネソタ・ティンバーウルブズの一球団のみならず、リーグ全体にも影響を与えたスーパースターであり、将来のHOF(殿堂入り)も確実視されている。本来ならば球団とは良い関係でキャリアを終了させたいのが本望だろうが、バイアウトの意向があるということはそうはいかなくなる可能性がある。

 

2014-2015年のシーズンはたったの5ゲームの出場で留まっており、昨シーズンは膝の怪我により全体で38ゲームのみの出場となっている。経験豊富なベテランであるケビンのコーチングはチームにとってもメリットであるはずだが、おそらくチームはもう少しコート上での活躍を期待していたのではないだろうか。