読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swish Report

#スウィッシュレポート #NBAをつまみぐい

NBA全体がドレイモンド・グリーン対策に乗り出す!!

NBAの新シーズン開始まで一か月にせまった今、リーグは男性の股に対するプレイにより一層注意を向けているようだ。昨シーズンのNBAファイナルとセミファイナルではドレイモンド・グリーンによる度重なる相手プレーヤーへの股へのプレイが問題視されていた。オクラホマシティ・サンダーのアダム・スミスクリーブランド・キャバリアーズレブロン・ジェームズがこのプレイの犠牲となった。この件により、NBAの審判はプレシーズン会議にて、このようなプレイに対してどのようなルールを設けるべきかを審議した。

 

NBAファイナルの第4戦目でのレブロン・ジェームズに対するこのプレーにより、ドレイモンド・グリーンはフレグラント・ファールを受けた。ポストシーズンだけでフレグラント・ファールが4つに累計したため第五戦目は欠場処分を下された。

 

NBAのリプレイ・レファリー・オペレーションの副会長は、「ここ最近、選手たちの脚が違った方向、そして奇妙なタイミングで飛び出てくるようになった。」「選手たちを守るためにも、この動きは阻止せねばならない。」と伝えた。

 

またプレシーズン会議では、NBAでは滅多に呼ばれることのない、トラベリングに対しても、笛を鳴らす頻度を上げるようにすると話したそうだ。